A X I A M a r k e t i n g

コラム COLUMN

TOP コラム 【海外市場調査の完全ガイド】調査方法、調査項目などを徹底解説 | アクシアマーケティング

【海外市場調査の完全ガイド】調査方法、調査項目などをわかりやすく解説いたします

グローバル市場の急速な変化と、日本国内市場の成熟化に直面する現在、海外市場調査の重要性はこれまで以上に高まっています。特に、アジア圏、アフリカ圏の経済成長や欧米市場の多様化により、海外展開は日本企業にとっての大きなチャンスとなっています。

本記事をお読みの海外事業部、新規事業開発部の方々やマーケティング、セールスのご担当者は、おそらく「どの国・地域に進出すべきか」、「どういった評価・状況で進出に踏み切れるのか」、「競合と差別化するにはどうするか」といった問題に直面しているかと思います。海外市場への進出はリスクが伴いますが、適切な市場調査によってこれらのリスクを軽減し、成功への第一歩を踏み出すことができます。

しかし、異文化の中で成功を収めるためには、ただ闇雲に海外進出するだけでは不十分です。その地域の市場動向、文化、法規制、競合状況を詳細に分析し、戦略的なアプローチを計画することが必要不可欠です。本記事では、海外市場調査の概要から、重要な調査項目、調査方法、注意点などを詳細に解説します。

変化の時代において、海外市場における正確な情報と深い理解が、貴社の持続的な成長と競争優位を実現する鍵となります。ぜひ、この記事を最後までお読みいただき、貴社の海外戦略に役立てていただければ幸いです。

海外市場調査とは?

海外市場調査は、異なる文化や市場環境を持つ国々でのビジネスチャンスを探るための重要なステップです。特定の国や地域の顧客行動、マーケットの動向、競争状況などを詳細に分析し、リスク・リターンを適切に評価し、効果的な海外進出戦略を策定します。

海外市場調査の基本

海外市場調査の基本的なアプローチには、市場のサイズや成長性の評価、ターゲット顧客の特定、現地の競合企業分析などが含まれます。市場のポテンシャルを理解することで、リスクを軽減し、ビジネス戦略を適切に調整することが可能になります。

海外市場調査の種類と範囲

調査には、定量調査(数値データを中心に行う調査)と定性調査(インタビューやフォーカスグループを通じて行う深い洞察を得るための調査)があります。これらを組み合わせて実施することで、より包括的な市場理解を得られます。調査範囲については、展開するサービス・製品の種類や進出する地域など多くの因子に影響を受けるので、一概に正解はありませんが、重要な調査設計の一因となります。

海外進出に市場調査が必要な理由

グローバル化が進む中で、海外市場への進出は多くの企業にとって重要な選択肢の一つです。
しかし、文化的背景や消費者の嗜好が異なる市場に無計画に参入することは危険であり、
「競合がうまくいっているから」、「むしろ競合がいない!いましか参入チャンスはない!」「他の国で成功したから横展開したい」といった感覚で判断することは、リターンに対してリスクが大きくなっている状態です。
海外市場調査により、これらのリスクを事前に評価し、マーケットのニーズに合わせた製品開発やマーケティング戦略を策定することが、成功への鍵となります。

海外市場調査の目的

海外市場調査の目的は、具体的かつ明瞭な調査・分析データによる、戦略的な意思決定を下すことにあります。どの国に進出し、いつ進出するのか、製品やサービスをどのような訴求で展開するのか、そしてなぜその決断を下すのかについて、定量的および定性的なデータに基づいて判断を行います。

海外市場の調査項目

では、目的を達成する(意思決定を下す)ために、どういったことを調査すればいいのか気になる方は多いと思います。
アクシアが行っている代表的な調査項目を、以下に記載しましたのでご参考ください。

市場規模と成長予測:現在および将来の市場規模、成長率予測

顧客の行動と嗜好:ターゲット市場の顧客の購買行動、好み、購買力。

競合分析:競合他社の市場シェア、強みと弱み、戦略、製品ラインナップ。

文化的要因:地域固有の文化的慣習、価値観、消費者の行動に影響を与える社会的要因。

政治・法的環境:政治的安定性、法律、規制、貿易障壁や税制。

経済状況:経済成長率、失業率、通貨安定性、インフレ率。

流通チャネル:現地での製品流通方法、流通チャネルの効率性とアクセス。

技術的要因:スマホ普及率などといった通信インフラの状況やDX度合い。

海外市場の調査方法

海外市場の調査を行うになって、最適な調査方法、調査手順を選択することはとても重要です。 まずは、環境分析から始め、マクロ的、ミクロ的な環境を分析します。次に、市場調査を行います。アンケート調査、インタビュー調査などを用いて、顧客のニーズや意見を直接収集し、市場の動向を調査します。ミクロ分析とやや内容が被りますが、競合分析も重要です。競合他社の戦略や市場シェア、成功事例、失敗事例を調査・分析し、自社の戦略策定に活かします。 具体的にどういった手法があるのか解説いたします。

環境分析

PEST分析: 政治(Political)、経済(Economic)、社会(Social)、技術(Technological)の各要素を分析し、市場の全体的な環境を理解する。
SWOT分析: 強み(Strengths)、弱み(Weaknesses)、機会(Opportunities)、脅威(Threats)を分析し、企業の市場における立ち位置を評価する。

市場調査

ヒアリング調査: その国、地域の業界に精通している有識者へのヒアリングを行い、市場の規模や成長率はもちろん、一般公開情報では得られない貴重なデータも収集できます。
デスクリサーチ: 既存のデータや公開情報を収集・分析することで、市場の概要や競合状況を理解。時間やコストを抑えながら、広範な情報を得ることができます。

競合分析

競合他社の分析: 主要な競合企業の製品・サービス、価格設定、マーケティング戦略、市場シェアを調査する。
ベンチマーク調査: 業界のベストプラクティスや成功事例、失敗事例を分析し、自社の戦略に活用する。

海外市場調査のやり方

  1. 01

    調査の目的の明確化

    海外市場調査において、まず最初に行うべきことは、調査の目的を明確に定めることです。海外進出の可否、参入地域を決定することが最終的な目的となることが多いです。目的を明確にすることで、効率的かつ方向性を持った調査を進めることができます。

  2. 02

    対象国・地域の選定

    次に、どの国や地域に焦点を当てるかを決定します。市場サイズ、成長の可能性、経済的・政治的安定性を考慮し、リスクと機会を総合的に評価します。文化的特性や消費者の行動パターンも重要な判断基準となります。

  3. 03

    製品・サービスの適合性分析

    選定した市場において、自社の製品やサービスがどの程度受け入れられるかを分析します。現地の顧客ニーズ、好み、価値観を理解し、競合他社の製品と比較して自社製品のポジショニングを明確にします。

  4. 04

    市場調査方法の選定とデータ収集

    市場調査の方法を選定し、実際にデータ収集を行います。インタビュー調査やデスクトップ調査など、目的に応じて最適な方法を選びます。データ収集は、市場の実情を把握するための重要なステップとなります。

  5. 05

    市場分析と戦略策定

    収集したデータを分析し、市場の特性を理解します。得られた情報を基に、戦略的な意思決定を行い、市場進出計画を策定します。この段階で、製品開発、マーケティング戦略、価格設定などを考慮に入れます。

  6. 06

    意思決定と計画の実行

    分析結果と市場進出計画を経営陣に提示し、合意を形成します。その後、策定した実行計画を実行に移します。

  7. 06

    モニタリングと戦略の調整

    市場進出後は、市場動向を継続的にモニタリングし、必要に応じて戦略を見直し、調整します。市場の変化に迅速に対応し、計画を柔軟に改善していくことが成功の鍵となります。生の現地の声も積極的に取り入れるべきです。

1時間の無料オンライン相談も承っております
お見積りなどもお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談する

技術動向調査の活用事例

業界別の技術動向調査の事例を紹介いたします。

飲料業界

中東市場の文化的背景と飲料嗜好に関する包括的な調査を行い、非アルコールかつ地域の味覚に合う独自の飲料ラインナップを開発、現地の市場で高い人気を獲得した。

農業業界

農業技術企業がアフリカ市場への進出を計画する際、気候や土壌の違いを考慮した市場調査を実施。地域に適した作物栽培法と現地農業事情のデータを収集し、現地農家と協力して技術のテストを行い、地域特有の条件に合わせた製品を開発、新市場でのブランド認知と製品採用を促進した。

物流業界

物流企業が南米市場に進出する際、地域固有の物流ニーズとインフラを詳細に調査。地理的要因や道路状況を考慮した物流ルートの計画と現地企業とのパートナーシップにより、効率的な物流システムを構築し、配送時間の短縮とコスト削減を実現、市場での競争力向上に貢献した。

海外市場調査の費用感

海外市場調査における価格・お見積りは、プロジェクトの規模、調査範囲、調査方法、対象国など多くの要因によって変動するため、一概に回答することは難しいです。

アクシアでは、調査目的やご予算、納期など、貴社に適したお見積りをご提案させていただきます。
無料相談も受け付けております。お気軽にご連絡ください。

海外市場調査をする際の注意点

異文化理解

現地の文化、価値観、宗教、社会的慣習を理解し、違和感や不快感を与えないよう、市場調査を行うことが重要です。

法的・政治的環境の理解

現地の法律、政治的安定性、規制などを綿密に調査し、法的な問題や不測のリスクを避けることが不可欠です。

データ信頼性と多角的な分析

情報源の信頼性を確認し、偏りのない多角的な視点からデータを収集・分析することで、より正確で包括的な市場理解を目指します。

競合分析の徹底

現地の競合他社や市場の飽和度を把握し、自社の製品やサービスが市場に適合するかを評価するためには、競合分析を徹底することが必要です。

最新情報の収集

市場の動向や消費者の嗜好はリアルタイムで変化しているため、最新の情報に触れ、一昔前のデータに基づく誤った決定を避けることが重要です。

まとめ

海外市場調査は、グローバル化が進む現代において、企業の国際戦略の方向性を定めるための重要なツールです。異なる文化、法規制、市場の特性を深く理解し、企業の製品開発や市場進出戦略に適切に反映させることが求められます。本記事が、海外市場調査を行う際の有効なガイドラインとなり、貴社の国際ビジネス展開に貢献できていればと思います。

アクシアマーケティングの海外市場調査

アクシアでは、世界各国の市場動向に精通し、多様な業界に対応した海外市場調査サービスを提供しています。当社の専門チームは、貴社の国際展開に必要な情報を適切に収集・分析することで、市場進出の戦略立案や意思決定のサポートを行います。地域に特化した調査から、グローバル市場全体の分析まで、貴社の具体的なニーズに合わせた調査を実施します。

詳しいサービス内容はこちらを参考ください。

前の記事を見る コラム一覧に戻る 次の記事を見る

同じカテゴリーの記事

資料請求
無料相談・見積依頼