A X I A M a r k e t i n g

コラム COLUMN

TOP コラム 市場調査の依頼 失敗しない会社選びのポイント5選

市場調査の依頼 失敗しない会社選びのポイント5選

alt

市場調査は、意思決定と戦略策定において不可欠な役割を果たします。市場調査が適切に実施されないと、リスクの見落しやミスリーディングを招き、思わぬ問題に直面します。正確で信頼性の高い市場調査は、ビジネスの成功を左右する1番重要な要素といっても過言ではありません。

本記事をお読みの皆様は、「どの市場調査会社に依頼すべきか」、「どのような基準で会社を選定すれば良いのか」、「会社選びで失敗しないためには何に注意すべきか」といった疑問をお持ちかもしれません。

この記事では、市場調査会社の選び方のポイントを具体的に解説します。

ぜひ、本記事を最後までお読みいただき、市場調査の会社選びにお役立ていただければ幸いです。

調査会社へ依頼するメリット

市場調査を、自社で実施する方法と調査会社に依頼する方法があると思いますが、ここでは、調査会社へ依頼するメリットを詳しく解説いたします。

高い信頼性と客観性のある調査・分析が可能

自社で市場調査を行う場合、過去の事例や競合の動向に影響されやすく、調査結果にバイアスがかかることがしばしばあります。また、調査に不慣れなことから、重要な要素を見落としたり、信頼性に欠けるデータに依存してしまうリスクも否めません。
これに対し、市場調査会社は中立的な視点で、計画的かつ適切な手順に従ってデータを収集・分析します。情報源の精選にも細心の注意を払い、一次情報と二次情報を適切に区別し、その特性に応じてデータを扱います。このようなアプローチにより、収集されたデータの客観性を保ちつつ、信頼性の高い分析を行うことができるのです。

専門的知識に基づく高度な調査・分析が可能

市場調査会社は、特定の業界や市場・地域に関する専門的な知識を豊富に持ち合わせています。単なる表面的なデータ収集を超えて、業界特有の複雑な動向や顧客の深層心理を理解することが可能です。さらに、トレンドや先端技術にも調査対応ができるため、自社でのキャッチアップが難しい状況に関しても、先見的な戦略を立てる際の強力なサポートとなるでしょう。

社内リソースを有効活用できる

市場調査を自社で実施すると、慣れないがゆえに生じる非効率な作業や、社内の連携の難しさが問題となることがあります。本来の調査目的から外れた調査・分析をしてしまうケースは少なくありません。
しかし、社内のリソースは限られており、大切に使う必要があります。市場調査を専門の会社に依頼することで、社内の人材を、より重要な業務に専念させ、より価値ある成果を目指すことができるのです。

調査会社へ依頼するデメリット

では、調査会社に依頼する際のデメリットは何なのでしょうか?アクシアが考える、外部委託するデメリットについて解説いたします。

コストが発生する

市場調査会社への依頼は、自社で行うよりもコストがかかります。専門的な調査が必要な場合であったり、サンプル数や広範な調査が必要な場合、調査内容に応じた費用がかかります。

調査結果の不確実性

選定した調査会社によっては、期待した成果が得られないリスクも存在します。特に、調査目的はもちろん、市場・業界に精通していない調査会社を選んだ場合、望む情報や分析結果が得られないことは多々あります。

内部情報の漏洩リスク

市場調査には企業の機密情報や戦略が関わることがあり、外部の調査会社に委託することで情報漏洩のリスクがあります。

市場調査会社の選び方のポイント

ここまで、依頼する場合のメリット・デメリットについて解説させていただきました。
ただ、「結局、どういった会社を選べばいいの?」という疑問をお持ちかと思います。
ここでは、調査会社の選び方で確認すべき重要な5つのポイントを解説いたします。

1. 調査の提案内容が適切か

市場調査を成功させるためには、提案された調査内容が目的に適しているのかを確認することが大切です。
なぜその調査・分析手法なのか、どういったことをヒアリングするのか、どういうデータが得られると良いのかなどを、調査会社に確認することで、その会社の「熱量や技量」がわかるかと思います。
もちろん調査前ともあり、調査会社側でもすべてを掌握することは難しいですが、本当に良い調査会社は、親身に何度もすり合わせをしてくれるはずです。

2. 予算の確認

市場調査会社が、どのような調査にどれくらいの費用がかかるのかを明確に説明してくれるかが重要です。費用の見積もりは、調査の種類や範囲によって大きく変動するため、詳細なコスト構造を把握することが不可欠です。
また、追加費用が発生しうる場合、その費用がどのような部分に発生するか、事前に共有してくれるかも、会社選定の判断要素となります。
さらに、調査会社がクライアントの予算内で最適な調査プランを提供できるかどうかも、重要な判断基準となります。予算と調査の範囲を適切に調整し、クライアントのニーズに合わせた柔軟な提案ができる会社は、信頼性・リサーチ力がともに高いと言えます。

3. 納期の確認

調査会社が計画に沿って納期を守ることは、クライアントのプロジェクトの重要性を意識できているのかを示し、その会社の信頼性と効率性の指標となります。調査開始から調査報告までのタイムラインが適切に設定されていることが重要です。
さらに、予期せぬ事態に対応するためのバッファーの有無も、重要な評価基準の一つです。
もし短期間での調査を依頼する場合、その納期が調査の質に悪影響を与えないかを確認することも必須となります。

4. 報連相が徹底しているか

報連相の徹底はクライアントとの信頼関係構築に不可欠です。本調査が始まる前であっても、その会社のコミュニケーション能力やプロジェクトへの姿勢を見極めることができます。

打ち合わせ後のこまめな連絡、提案内容の明確さ、不明点への対応などといった点から判断できます。

市場調査の成功は、調査会社がクライアントの要望・目的を正確に理解し、それに応じた調査計画を立てることから始まります。その過程での報連相がしっかりと行われているかどうかは、その後の調査の進行や結果に直結します。報連相を適切に徹底的に行っている会社は、期待に応える調査結果を提供することができるでしょう。

5. 業界・分野の調査実績の確認

その会社がクライアントの業界や関連分野での調査実績があるかどうかも重要な指標です。特定の業界に精通している会社は、その分野の特有の動向やニーズを理解し、より深い洞察をしてくれるでしょう。
たとえ、その業界・分野に実績がなくとも、優れた柔軟性や提案力、適応力があれば十分といえるでしょう。業界経験があると、バイアスがかかってしまうケースも少なくありません。
また、業界問わず、過去にどのようなプロジェクトを成功させたかについても確認することで、その会社の実力を見極めることができます。

1時間の無料オンライン相談も承っております
お見積りなどもお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談する

まとめ

本記事では、市場調査を外部の会社に依頼する際のメリットとデメリット、さらに選定のための重要なポイントについて解説しました。
適切な市場調査会社を選ぶことは事業の成功に直結する大切な要素となります。本記事が、貴社に最適な市場調査パートナーを選ぶ手助けになれば幸いです。

アクシアの市場調査

アクシアマーケティングでは、様々な業界・分野での調査経験と専門知識を活かし、幅広い市場調査サービスを展開しています。データ収集から分析、戦略提案まで、お客様のニーズに合わせたアプローチで支援いたします。

詳細なサービス内容については、こちらを参考にしてください。

前の記事を見る コラム一覧に戻る 次の記事を見る

同じカテゴリーの記事

資料請求
無料相談・見積依頼