A X I A M a r k e t i n g

コラム COLUMN

TOP コラム グローバルマーケティングとは?具体的な施策やメリット、成功事例について解説

グローバルマーケティングとは?具体的な施策やメリット、成功事例について解説

「グローバルマーケティング」とは、国境を超えたグローバル市場をターゲットにしたマーケティング戦略を指します。
日本国内市場の成熟や衰退を背景に、国外への展開を図る企業は少なくありません。しかし、グローバル市場で成功するためには、単に製品やサービスを提供するだけでは不十分で、多様な文化や価値観を理解し、それに適応したマーケティングが必要とされています。

本記事をお読みの、新規事業開発部や海外事業部の方々やマーケティング、セールスのご担当者は、「海外市場におけるマーケティング戦略に自信がない」、「リスクとリターンを明確に把握したい」、「実際の成功事例を参考にしたいがピンときていない」などといった悩みを抱えているかと思います。

本記事では、グローバルマーケティングの基礎をはじめ、目的やメリット、ポイントなどを詳細に解説し、実際に成功を収めた企業の事例も紹介します。
ぜひ、最後までお読みいただけますと幸いです。

グローバルマーケティングとは

グローバルマーケティングとは、より広い世界市場でビジネスを展開するためのマーケティング戦略です。その国・地域特有の文化や風習に適応し、世界中の様々な顧客ニーズに応えることが重要となってきます。新興国の経済成長やDX化の推進や止まる気配のない円安などの影響を受け、アクシアにもグローバルマーケティングに関するご相談が年々増加しており、その重要性を実感しています。

グローバルマーケティングの目的とメリット

グローバルマーケティングの目的はさまざまですが、アクシアが特に重要だと考えるもののいくつかを、メリットと合わせて解説させていただきます。

収益性の向上

グローバルマーケティングを行う目的の1つに、収益性の向上があります。日本国内市場とは比較できないほど規模のある海外市場に、製品やサービスを展開・販売することで、大きな売上・利益が期待されます。
また、海外市場の顧客獲得により売上・利益を増やすと同時に、生産性向上やコスト削減も期待できます。具体的には、ロットが大きくなることで製造コストを下げられたり、リソースが増えることから効率的なリソース分配ができるようになります。これにより、企業の収益構造は強化され、長期的な財務的安定性にも貢献できます。

リスク分散

国内市場だけに依存するリスクを避け、複数の国や地域に事業を展開することにより、市場変動や政治的不安定さなどのリスクを軽減することができます。例えば、一国で経済危機や規制の変更や競合が参入していた場合でも、他の国々での事業が安定していると、企業としての基盤はより強固なものになります。特に、日本は輸入事業に依存している傾向が強く、円安も止まる気配がありません。国内市場だけをターゲットとしていると「ゆでガエル」になっているような事態が本当に差し迫っています。※ゆでガエルとは、自分の身に危険的状況が迫っているにもかかわらず、変化が緩やかなため気がつかず、気づいたときにはすでに手遅れになっている状態を指します。

ブランディング強化

海外市場でのポジションを明確にし、競合他社との差別化を図ることで、競合優位性を獲得できます。異なる文化や市場において、適切に展開・拡大することで、その国・地域になくてはならないブランドと認識してくれるでしょう。また、ブランドの信頼性と認知度を高めることで、口コミや紹介の発生、他の地域に参入した際に導入や購入までのハードルが低くなったりと、恩恵を得られるシーンは多くあります。

グローバルマーケティングのポイント

グローバルマーケティングを実施する上で、「ここは絶対に外せない」ポイントを厳選して解説いたします。

セグメンテーション

セグメンテーションは、広範なグローバル市場において、特定のニーズや属性を持つ顧客ごと、グループに分割するプロセスを指します。異なる国や文化圏での顧客行動の違いを理解し、ターゲットを明確にすることが重要です。日本や、ある地域では受け入れられていたプロモーションやサービス・製品が、ほかの地域だと人気が全く出ないといった事態に陥ることも少なくありません。その地域や地域内でも、ニーズや属性について、徹底的に調査することが大切です。

ポジショニング

ポジショニングは、自社の製品・サービスを、市場のどういった領域でプロモーションするかを決定する戦略的プロセスです。このプロセスでは、競合他社や市場そのもの規模や成長率の調査が必要不可欠です。グローバルマーケティングでは、文化的背景や市場の嗜好を考慮したポジショニングが求められ、各市場でのブランドの印象と価値を最適化する必要があります。特に、地域ごとでポジショニング戦略を変えるのか、統一するのかは慎重に意思決定すべき要因です。

ローカライゼーション

ローカライゼーションは、製品・サービスをはじめ、マーケティング戦略そのものを、各国の文化や言語、法規制に適応・調整するプロセスです。具体的には、パッケージデザインの調整やWebサイトの多言語化対応、地域の祝祭日や文化的イベントに合わせたプロモーションの実施などを含みます。ローカライゼーションは、ある国・地域での受容性を向上させるために必要不可欠な要因です。

カルチュラル・インテリジェンス

カルチュラル・インテリジェンスは、異なる文化間での理解と適応能力を指します。グローバルマーケティングでは、多様な文化背景を持つ顧客に対応するために、特にこの能力が重要となります。現地の方々との協力体制は必須であるため、異文化を理解し、異なる視点を尊重することで、適切なコミュニケーションを取ることができます。グローバルな市場での信頼構築、顧客関係の強化、そしてブランドの成功に、カルチュラル・インテリジェンスが大きく影響することがわかります。

マーケティングリサーチ

ここまでお読みの方はすでに気づいているかと思いますが、グローバルマーケティングには、市場調査や競合分析、製品・サービス調査などマーケティングリサーチに関連する施策が欠かせません。これらのリサーチを正確に適切な手法・手順で行うことで、ターゲット市場(国・地域)のニーズや需要・文化を把握し、製品やサービス、マーケティング戦略を適切に調整することができるのです。もし、ある重要な要因を見落としていたりすると、海外市場に展開後に重大な問題に直面するといった事態に陥ってしまうこともあります。

グローバルマーケティングの具体的な施策

戦略立案や調査の領域に関してはこれまで解説させていただきましたが、具体的にどういった施策が候補としてあるのか気になる方も多いかと思います。ここでは、アクシアが考える、グローバルマーケティングで一般的な施策や見落としがちな施策について紹介いたします。

一般的な施策

コンテンツマーケティング: 地域ごとのニーズや関心に合わせた質の高いコンテンツを作成し、ブランド認知度を高めます。
SNSマーケティング: 各国の主要なソーシャルメディアプラットフォームを活用して、ターゲットと直接的に関わることができます。
デジタル広告: Google広告やFacebook広告、Bing広告などを通じて、効果的にアプローチできます。
イベント開催: 地域に根ざしたイベントや展示会を通じて、製品やサービスを紹介できます。
ホームページ統合: 異なる地域のウェブサイトを一元管理し、一貫したブランド体験を提供します。サイトの多言語化対応や多通貨決済対応が重要です。
メールマーケティング: 各国の顧客に合わせたパーソナライズされたメールキャンペーンを実施します。
動画マーケティング: 地域に適した動画コンテンツを制作し、YouTubeやサイトなどで公開します。

見落とされがちな施策

SEO戦略の最適化: 各国の検索エンジンに最適化されたSEO対策により、サイトへの集客を増やします。
インフルエンサーマーケティング: 各地域で影響力のあるインフルエンサーと協力し、ターゲットにリーチします。
アフィリエイト: 地域ごとに異なるアフィリエイトパートナーと連携し、販売を促進します。
プレスリリース配信: グローバルなメディアに向けたプレスリリースを配信し、製品やサービスの認知度を高めます。
ポータルサイトへの出稿:地域に適したポータルサイトや比較サイトに出稿し、認知度や信頼性を高めます。

1時間の無料オンライン相談も承っております
お見積りなどもお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談する

グローバルマーケティングの成功事例

シマノ株式会社

シマノは、自転車部品や釣り具などを製造・販売する企業で、グローバル市場において高い評価を受けており、世界的なシェアも獲得しています。地域ごとの市場ニーズに応じた製品ラインナップを提供したことで売上が大きく伸び、また、国際的な自転車レースやイベントへの参加により、ブランドとしての信頼性を高めています。

株式会社オカムラ

オフィス家具を中心に製造・販売するオカムラは、日本国内だけでなく海外市場でも成功を収めています。特にエルゴノミクス(人間工学)に基づいたオフィスチェアが評価されていますが、各国のオフィス環境や働き方の変化に応じた製品提供によっても、シェアと認知度を高めることに成功しました。

日本製紙株式会社

紙製品やパルプ製品の製造・販売を行う日本製紙は、グローバルな資源の有効活用と環境配慮を重視したビジネスで注目されています。 サステナブルな資源管理と革新的な製品開発を通じて、世界的な環境問題への取り組みを強化しました。海外市場におけるエコフレンドリーな製品により、環境保全に対して意識が高い顧客の獲得に成功しています。

グローバルマーケティングの注意点

適切なマーケティングリサーチが必要不可欠

現地市場の傾向、顧客行動、競合分析などを徹底的にリサーチし、データに基づく戦略を策定することが必須となります。適切に行われてはじめて、製品やサービスが現地市場に適合するかどうかを判断でき、効果的なマーケティング活動を実施するための基盤を築くことができます。

文化の違いへの配慮

現地の文化や価値観を尊重し、不適切な広告やマーケティング活動を避けましょう。国内やある地域でうまくいった事例やプロモーションをそのまま横展開することはリスクが高いです。

法規制とコンプライアンスの遵守

各国の法律や規制に対応し、違反によるリスクやペナルティを避けましょう。アクシアは豊富な海外市場参入を支援させていただき、各国の規制や文化にも精通しております。

まとめ

グローバルマーケティングは、日本企業にとってさらなる成長の鍵を握る、現代に欠かせない戦略です。文化の違いへの配慮、適切なマーケティングリサーチ、法規制への対応、ブランド一貫性の維持など、多岐にわたる要素が成功に影響を与えます。
国内市場はもちろん、世界市場での競争が激化する中、本記事が貴社のグローバルなビジネス展開において1つの指針となりましたら幸いです。

アクシアのグローバルマーケティング支援

アクシアでは、企業のグローバルマーケティング活動を全面的にサポートし、国際市場での成功に向けて伴走させていただいております。世界各国の市場・地域に精通した当社の専門チームが、効果的なグローバルマーケティング戦略策定を支援いたします。複雑な市場・顧客や競合の調査、現地市場でのポジショニング、マーケティング戦略の施策提案など、多岐にわたるサービスを提供しております。

詳細なサービス内容はこちらからご確認ください。

前の記事を見る コラム一覧に戻る 次の記事を見る

同じカテゴリーの記事

資料請求
無料相談・見積依頼