A X I A M a r k e t i n g

コラム COLUMN

TOP コラム タイの市場調査 進出前に知っておくべきタイの消費者ニーズや需要

タイの市場調査 進出前に知っておくべきタイの消費者ニーズや需要

タイは東南アジアの中でも特に経済成長を見せている国の一つであり、富裕層と中間層が拡大を続けているため、多大なビジネスチャンスが存在します。

タイの豊かな購買力や戦略的な立場が背景となり、タイに進出した多くの日本企業がすでに成功を収めています。しかし、進出前にはさまざまな調査を行うことが不可欠です。たとえば、産業の特性、労働市場の状況、法的規制など、具体的な市場データについてです。

この記事では、タイ市場への進出を検討している企業が必ず把握しておくべき情報を網羅的に解説しています。

記事を通じて、ぜひタイ市場の概要と具体的な進出戦略について理解を深め、現地でのビジネス成功につなげてください。

タイの市場調査ならAXIA MARKETING

タイへの進出前に知っておくべき情報が不足している場合、AXIA MARKETINGのサービスをおすすめします。専門的な市場調査を通じて、タイ市場の最新トレンド、消費者ニーズ、競合分析を深く掘り下げ、進出戦略を支援させていただきます。

市場調査について、より理解を深めたい方は、弊社サービスに関するコンテンツもご参考ください。

深い洞察で市場の動向を捉えるアクシアの市場調査

検討時期の正確な市場理解が、成功への鍵となります。市場調査サービスやタイへの進出にお悩みの方は、お気軽にお問い合わせください。

1時間の無料オンライン相談も承っております
お見積りなどもお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談する

タイ市場の特徴

タイは東南アジアの中でも経済成長が急速に進んでいる国の一つです。特にバンコクを中心に発展しており、多くの日本企業が進出を果たしています。

タイ市場の特徴として、富裕層と中間層が増加している点が挙げられます。これにより消費者市場は拡大傾向にあり、特に高級消費財やサービスの需要が高まっています。

また、タイは製造業の拠点としても知られ、特に自動車産業が盛んです。政府は外資企業への優遇策を設けており、投資環境の改善が進められています。しかし、言語や文化の違い、政治的不安定さなど、市場進出の際には考慮すべき点も多く存在します。

東南アジア市場の中で富裕層と中間層が多く、購買力が高い

東南アジア市場において、特に富裕層と中間層の所得が高い国々は、その地域全体の購買力も高く押し上げます。

1人あたりの国内総生産(GDP)は地域での所得水準を測る重要な指標です。この数値が高い国では、消費者の購買意欲も高くなりがちです。これにより、高価な消費財やサービスへの需要が増加するので、GDPは企業の市場参入戦略において重要な情報源となっています。

続いて、タイのGDPを見ていきましょう。

国内総生産(GDP)

タイの経済は国内総生産(GDP)、消費者物価指数(CPI)、および実質経済成長率を指標に見ると、ゆるやかながらも上向きです。

タイのGDPは持続的に成長しており、消費者物価指数も安定した上昇を示しています。これは、内需の拡大と国内市場の強化が反映されたものです。

さらに、実質経済成長率の改善は、タイ経済の底力とポテンシャルの高さを意味しており、投資家にとって有望な指標といえます。こうした経済データから、タイはアジアでのビジネス拡大に適した市場といえるのです。

東南アジアの物流の要所であるため、生産拠点として最適

タイは大メコン経済圏の心臓部であり、周辺国と密接に繋がっています。この繋がりにより、タイは東南アジアの他の国々への物流拠点として適しているのです。

こうした地理的利点により、タイは生産拠点としても理想的です。加えて、東南アジアにおける日系企業の拠点数も第一位となっています。

タイに進出している日本企業の数・推移

タイは東南アジアで最も多くの日系企業が進出している国として知られています。最新の外務省「海外在留法人数調査統計」と「海外進出日系企業拠点数調査 / 2022年調査結果」によると、タイには数千社の日本企業が設立されていることがわかります。

タイに進出した企業は自動車、電子機器、食品加工と多岐にわたり、地域経済の重要な推進力となっています。タイの政治的安定性と優れた基盤施設は、こうした企業にとって魅力的な投資地であり、その結果として、進出企業数は年々増加しています。

アジアでビジネスを行う日本企業にとって、こうした背景があるためタイは魅力的な地域となっているのです。

実際に進出している日本企業の事例

タイで成功している日本企業の代表例として、トヨタ、デンソー、ブリヂストンが挙げられます。

トヨタはタイでの長期的な投資と、地元での生産拠点設立により、東南アジア市場における自動車産業のリーダーとしての地位を確立しました。

デンソーもまた、自動車部品の製造においてタイを重要な生産基地と位置づけ、高品質な製品を供給し続けています。

ブリヂストンは、タイの工場でタイヤを製造し、地域内外の市場に輸出しており、その製品は国際的な競争力を持っています。

こうした企業は、優れた地理的位置、政治的安定性、成長する経済というタイの条件を活かし、持続可能なビジネスモデルを構築しています。

周辺国からの出稼ぎ労働者が多く、豊富な労働力が見込める

タイは東南アジア地域において経済発展が著しい国の一つであり、その成長を支える重要な要素の一つが周辺国からの出稼ぎ労働者です。

こうした労働者は、低コストで労働します。そしてタイの製造業、建設業、そして農業など、さまざまな産業で活躍しています。

特に、近隣のミャンマー、カンボジア、ラオスからの労働者は多く、タイ経済の柔軟性と競争力を高める基盤となっているのです。この背景は、タイがASEAN内で経済的なハブとして機能する一因ともなっています。

さらに、以下の理由もタイ経済成長の要因です。

・2031年頃まで続くと予想される人口ボーナス
・就業率・失業率
・労働者の平均月収/年収

次に、こうしたタイの経済成長の背景について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

2031年頃まで続くと予想される人口ボーナス

タイでは、2031年頃まで続くと予想される人口ボーナスが経済成長の大きな支柱となっています。

人口推移と人口ピラミッドを分析すると、若年層が多く、これからも長期間にわたり労働力としてのポテンシャルが高いことがわかります。特に、15歳から64歳までの働ける年齢層が人口の大部分を占め、これがタイの労働市場にとって大きな利点です。

この豊富な若年労働力は、国内外からの投資を引き寄せる要因ともなっており、経済の持続可能な成長を支える基盤として機能しています。

高い就業率と低い失業率

タイの就業率と失業率は、経済活動の活発さを示す重要な指標です。

近年の統計によると、タイの就業率は非常に高く、ほとんどの労働者が雇用されているといえます。一方で、失業率は非常に低く、これはタイが労働市場において安定していることを示しています。

特に、若年層の間での就業が盛んであり、国内の多様な産業が若者たちに幅広い職業選択肢を与えていることがその理由の一つです。

こうした背景により、タイはASEAN地域内で経済的にも一層強固な位置を築いており、国際的なビジネスと投資の魅力的な場となっています。

労働者の平均月収/年収の伸び

タイの労働市場における平均月収および年収は、その経済発展と地域間の経済格差によって大きく異なります。

主要都市圏、特にバンコクでは、高い教育レベルと技術を持つ労働者が多く、月収は平均約30,000バーツ(約1,000米ドル)です。

一方、農村地域では月収が約9,000バーツ(約300米ドル)程度となることが一般的です。

年収に関してもこの傾向は同様で、都市部の労働者は年間360,000バーツ(約12,000米ドル)、農村部では108,000バーツ(約3,600米ドル)となります。

こうした数値はタイの経済成長と共に徐々に上昇しており、特に技術力や専門知識を要する職業ではさらに高い収入を得ることも可能となりつつあります。

サービス業と製造業が産業の中心である

タイの経済は多様な産業に支えられており、特にサービス業と鉱工業が中心的な役割を果たしています。

サービス業は観光、金融、教育など広範な分野に及び、国内外からの投資を呼び込む貢献もしているのです。

一方、鉱工業や自動車産業をはじめとする製造業が盛んで、タイの輸出産業の大きな割合を占めています。

こうした産業はタイの経済成長を牽引し、雇用を創出する重要な源泉となっており、今後も発展が期待される分野です。

タイの主要産業

タイの経済は、その多様な産業構造に支えられています。独立行政法人労働制作研究・研修機構のデータによると、タイの主要産業は農業、製造業、観光業、およびサービス業であることがわかります。

特に製造業では、自動車産業が世界的にも重要な地位を占め、タイは「アジアのデトロイト」とも呼ばれているのです。

また、農業も国の重要な基盤であり、特に米の輸出においては世界トップクラスです。さらに観光業もまた経済成長に大きく貢献しており、国際的な観光地としての地位を確立しています。

各産業の就業者比率

タイの経済における就業者の比率は、サービス業、製造業、農業の三つの主要部門に分けられます。

独立行政法人労働制作研究・研修機構による最新のデータに基づくと、観光業や小売業などを含むサービス業が最大の部門で、全就業者の約50%を占めています。

次いで製造業が約20%となり、タイの経済発展に不可欠な自動車製造や食品加工が主力です。

農業は約15%で、タイの伝統的な農業は依然として重要な役割を果たしており、生産者は主に米やゴム、タピオカの生産に従事しています。

こうしたデータは、タイの産業構造が多様化していることを示しており、特にサービス業の成長が目覚ましいことが分かります。

外資企業向けの税制優遇措置がある

多くの国々では、外資企業を惹きつけ、経済成長を促進するために税制上の優遇措置が設けられています。措置の中には法人税の免税や減税も存在します。

特に、新規投資を奨励するための措置として、初期投資に対する税額控除や、特定の高技術産業や研究開発プロジェクトへの投資に対する追加控除が設けられることがあります。

さらに、国際的なビジネスを行う企業にとって重要なのが、二重課税を避けるための二重課税回避協定(DTA)です。これにより、ある国で納税した後に他の国で再度同額を課税されることなく、より効果的な国際取引が可能になります。

このような措置は、外資企業にとって大きな救いであり、その国への投資を促し安くなるのです。

タイ市場進出における注意点

タイ市場に進出する際は、文化的違いと法律的な課題を理解することが重要です。

まず、言語の壁があり、英語が広く通用するわけではないため、タイ語の理解が不可欠です。

また、タイは外資規制が厳しく、特定の産業には外国人の投資が制限されています。

これに加えて、労働法が複雑であり、地元の労働者の権利が厳しく保護されているため、適切な労働契約の管理が求められます。

こうしたポイントを把握し、対策を講じることで、リスクを最小限に抑え、成功への道を開くことができます。

さらに、タイへの進出や投資を考える上では、以下の点も知っておきましょう。

・高齢化社会の到来と、出生率の低下
・外国人事業法による規制
・タイならではの就労意識

以下からは、こうしたタイ市場へ進出する際の注意点について詳しく見ていきましょう。

高齢化社会の到来と、出生率の低下

タイの高齢化は急速に進行しており、国立統計局によると、2030年には人口の約4分の1~3分の1が60歳以上になると予測されています。一方で、タイの出生率は過去数十年で大きく低下し、2020年の出生率は1.5未満という報告もあります。

こうした動きが続けば、労働力不足を深刻化させ、経済成長の鈍化を引き起こす可能性があるのです。さらに高齢者の増加は社会保障制度に大きな負担をかけ、若い労働世代に対する経済的な圧力を増やします。

一方、タイは国際労働力の活用を進めており、特に隣国からの労働者を積極的に受け入れています。これにより、人口構造の変化に対応し、経済活動の持続を図るのです。

タイの高齢化と少子化についての対策は急務であり、社会保障の改革、健康と福祉の充実、移民政策の調整など、多角的な対応をしなければ解決しづらい問題といえるでしょう。

外国人事業法による規制

タイの外国人事業法は、外国資本がタイ国内で事業を行う際のルールを定めた重要な法律です。この法律は、特定の業種に対する外国企業の参入を制限しており、外国資本の参入を規制する業種は合計で43に及びます。

法律の目的は、国内産業の保護、経済の安定、国家安全保障とされています。外資による完全な所有が禁じられている業種もあれば、一定の条件のもとでの参入が可能な業種も存在しているのが現状です。

この法律があることで、タイ進出を検討する企業は、投資前に詳細な市場調査と戦略的計画を行う必要があります。

タイならではの就労意識

タイにおける就労意識は、その文化的背景と社会的習慣に深く根ざしています。

一般的に、タイ人は非常に社交的でフレンドリーな性格を持っており、職場でもこの性格が反映されることが多いです。これは「サナック」という概念によるもので、楽しさや快適さを重視する文化的価値観です。

また、タイでは家族や地域社会との絆を重視する傾向があり、これが職場でのチームワークや協調性に良い影響を与えています。

中所得者層の増加による成長の鈍化

タイ経済は中所得国の罠に陥ることなく、これまで持続的な成長を続けてきましたが、最近では中所得者層の増加を抑えきれなくなっています。

中所得者層が増えると、一見経済にとって好ましいように思えますが、所得の増加が消費ではなく貯蓄に回されることが多くなるため、内需が期待ほど伸びなくなるのです。これにより、タイ国内の経済活動は、以前に比べて成長ペースが鈍化傾向です。

タイ政府はこの問題に対処するため、中所得者層向けの新しい市場を開拓するとともに、消費を刺激するさまざまな政策を導入しています。政策として減税や、特定の製品に対する補助金などが挙げられます。こうした取り組みにより、タイは中所得者層の増加がもたらす経済成長の鈍化を、ある程度抑制しようと努力しているのです。

政治的不安

タイにおける政治不安は、国内外の投資家にとって懸念すべきことです。

過去数十年にわたり、タイは軍事クーデター、高官の解任、大規模デモなど政治的な混乱が度々発生していました。

こうした政治的な動揺は経済活動に影響を及ぼし、特に外国からの直接投資に対する信頼感に悪影響を与えてきました。

政治的な不安定さは規制の変更や政策の不透明性を招き、ビジネス環境におけるリスクを高めています。投資家や事業主は、タイ進出や拡大を検討する際には、こうした政治リスクを考慮し、適切なリスク管理戦略を立てる必要があります。政治情勢の変化に柔軟に対応し、安定した事業運営を目指さなければなりません。

今タイ市場進出がおすすめな業種とは?

現在、タイ市場で注目されている業種は複数ありますが、特にデジタルテクノロジー産業、観光業、そしてバイオサイエンス産業が進出に最適です。

デジタルテクノロジー産業は、タイのデジタル経済政策により、インフラの整備と技術革新が進んでおり、高い成長が期待されます。

観光業は、タイの豊かな自然環境を生かしたサステナブルな観光が強みです。

また、バイオサイエンス産業においては、政府からの研究開発支援が充実しており、医薬品や医療機器の開発が進展しています。

こうした業種はタイの市場特性や政府の支援策と相まって、外資企業にとって有望といえるでしょう。

東南アジアのテストマーケティングにタイは最適

タイの消費者市場は多様でありながら、アジア全体の消費者動向を反映する特性を持っています。そのため、タイは東南アジアでのテストマーケティングに最適な国といえるのです。

タイの人口構成は若年層が多く、デジタル技術の普及率も高いため、新しい商品やサービスに対する受容性が高いと考えられます。

また、タイは地理的にもASEAN諸国の中心に位置しており、物流の利便性も高いです。これにより、新製品の流通やマーケティング戦略の効果を迅速に評価することが可能です。

さらに、タイ国内での成功が他の東南アジア諸国への進出の足掛かりとなるケースも多く、多国籍企業にとっては戦略的な市場としての価値も高いです。

タイ市場の詳細な調査ならAXIA MARKETING

この記事では、タイにビジネス進出したい方に向けたタイ市場の特徴や、進出に向いた業種、政治状況などの重要な情報を詳しく解説しました。

タイはその戦略的な位置と経済の多様性により、多くの国際企業にとってアジア市場への進出第一歩目の国として魅力的です。

こうした情報を、貴社の事業を海外展開させる上でぜひ役立てていただけると嬉しく思います。より深い情報が知りたい場合や、具体的な進出支援が必要な場合は、AXIA MARKETINGまでお問い合わせください。私たちは、タイ市場での成功を目指す企業を全面的にサポートさせていただきます。

1時間の無料オンライン相談も承っております
お見積りなどもお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談する
前の記事を見る コラム一覧に戻る 次の記事を見る

同じカテゴリーの記事

資料請求
無料相談・見積依頼