A X I A M a r k e t i n g

コラム COLUMN

TOP コラム 市場調査とは?調査手法や活用事例などを徹底解説

市場調査とは?調査手法や活用事例などを徹底解説

市場調査とは?

市場調査とは、ビジネスやマーケティングの意思決定に役立つ市場の情報を集め、分析する調査方法です。企業が市場のニーズ、トレンド、競合状況などを深く理解するのに重要な役割を果たします。市場調査は、新製品の開発、市場進出戦略の策定、既存製品の改善、顧客満足度の向上など、事業を成功させるにあたって必要不可欠なアプローチです。

この記事では、市場調査の主要な手法と、それぞれの手法がどのように異なる業界で活用されているかについて、分かりやすく解説します。 記事を読まれる方には、新規事業を始めるにあたって具体的な調査方法が知りたい方や、上司・会社へのプレゼンにあたって適切で正確なアプローチを取りたいといった方が多いかと思います。そういった方々のお役に立てるよう、市場調査の進め方や、よく使われる調査方法や業界別の活用事例など詳しく解説いたします。

本記事を通じて、市場調査の重要性や活用方法について理解を深めていただき、ビジネスにお役に立てていただければ幸いです。

市場調査とは?

市場調査とは、特定の市場における顧客のニーズ、嗜好、行動、およびトレンドを理解するための体系的なアプローチです。例えば、企業が新製品を開発する際に、市場の潜在的な需要を特定したり、既存製品の改善点を見つけるために使用されます。市場調査は、規模感、成長率、シェア、競合の状況など、多岐にわたるデータの収集と分析を含みます。代表的な手法としては、アンケート調査やインタビュー調査などがあり、定性分析および定量分析の両面からのアプローチが適しています。

マーケティングリサーチとの違いは?

市場調査とマーケティングリサーチの違いに関しては、諸説ありますが、よく似た用語として使われており、実際のビジネスにおいて、両者の間に明確な線引きはほとんどありません。どちらもビジネス戦略を立てるために重要な役割を果たします。

一般的には、マーケティングリサーチの範囲の中で、特に『市場』に関するデータを集めるアプローチが市場調査と呼ばれることが多いです。

マーケティングリサーチは、市場調査のデータを基に、商品設計や販売価格の最適化などといった、市場だけでなく、製品などのマーケティング戦略に関する調査・分析を行います。

実際のビジネスシーンでは、市場調査とマーケティングリサーチは互いに補完し合っており、事業の意思決定においてどちらも欠かせません。そのため、両者の間の違いにこだわるよりも、どちらのアプローチも目的や状況に応じて柔軟に活用することが求められます。

市場調査が事業の成功に不可欠な理由とは?

市場調査が事業の成功に不可欠な理由は、主に以下の6点に集約されます。

市場ニーズの理解

市場調査は、消費者のニーズ、嗜好、期待を理解するための重要な手段です。企業は製品やサービスを市場の要求に適切にフィックスさせ、顧客満足度を高めることができます。

競合分析

市場調査を通じて、競合他社の製品、価格設定、マーケティング戦略を把握し、自社のポジショニングを最適化することが可能です。これは、市場での差別化と競争に対する優位性確立に直結します。

リスク管理

新規事業や製品投入のリスクを事前に評価するために、市場調査は不可欠です。市場の需要や傾向を正確に把握することで、不確実性を減少させ、リスクを最小限に抑えた状態でビジネス決定を行うことができます。

市場トレンドの把握

消費者の行動や市場のトレンドは常に変化しています。市場調査は、これらの変化を追跡し、トレンドに合わせて製品やサービスを革新するための洞察を提供します。

戦略的な意思決定

市場調査は、事業戦略の策定、市場進出のタイミング、ターゲット顧客の特定など、戦略的な意思決定に不可欠な情報を得ることができます。

製品開発とイノベーション

市場調査によって得られた情報は、製品開発プロセスにおいて革新的なアイデアを生み出したりと、市場の要求に応じた新製品やサービスを開発するための重要な役割を果たします。

市場調査のやり方をステップごとに解説

市場調査は、適切に計画・実行されることで、はじめて、価値のある洞察を得られます。 以下で、具体的な手順を解説いたします

  1. 01

    調査の目的を明確にする

    市場調査を行う主な目的を明確にします。その目的を、部署や関係者などメンバー全員に共有・確認をすることが大切です。この段階で認識のズレをなくすことで効率的にリサーチを進めることができます。例えば、新製品の開発、市場のトレンド理解、競合分析などが目的に含まれるかもしれません。

  2. 02

    情報源と方法を決定する

    一次情報(直接収集したデータ)と二次情報(既存の研究や報告書から得られるデータ)のどちらを使用するかを決定します。 その後、アンケート調査、インタビュー調査など、目的にあった適切な調査方法を選択します。

  3. 03

    調査計画の作成

    調査の枠組みを設計します。これには、サンプルサイズ、調査期間、必要なリソースの確認などが含まれます。専門業者ではない場合、プロに相談することも良いかもしれません。

  4. 04

    データ収集

    選択した方法に従ってデータを収集します。アウトプットイメージを持っていると、より効率的に進められます。

  5. 05

    データ分析

    収集したデータを分析して、有用な洞察を引き出します。ここでは、統計分析、パターンの識別などが行われます。

  6. 06

    結果の報告

    分析結果を報告書としてまとめます。上司や役員などの意思決定者や関連するステークホルダーに提示するための重要な資料であり、整合性がとれているかがとても大切です。

  7. 07

    施策の策定

    市場調査の結果に基づき、具体的な行動計画や戦略を策定します。

  8. 08

    フィードバックと改善

    施策実行後のフィードバックを収集し、必要に応じてアプローチや戦略を改善します。 市場調査は、適切に計画・実行されることで、はじめて、ビジネスの意思決定において非常に価値のある洞察を得ることができます。 上記で解説したステップに則って、市場調査を進めましょう。

市場調査の代表的手法5選

市場調査でよく活用される5つの手法について、それぞれの概要、用途、メリット、デメリットを解説します。

1. アンケート調査

概要: 特定の質問に対する回答を集める手法です。
用途: 市場の傾向や意見を把握できます。
メリット: 大量のデータを短時間で収集可能であり、対費用効果が高いケースが多いです。
デメリット: 質問の設計に制限があり、深い洞察を得ることが難しい場合があります。

2. インタビュー調査

概要: 個別または小グループで行う対話形式の調査です。
用途: 個々の意見や体験を詳細に理解することができます。
メリット: 深い洞察を得られ、対話を通じて柔軟なデータ収集が可能です。
デメリット: 時間とコストがかり、サンプルサイズが小さいため一般化が難しいです。

3.ホームユーステスト

概要: 製品を実際の顧客に自宅で使用してもらい、使用感や満足度を評価します。
用途: 新製品の市場適応性テスト、顧客満足度の評価が可能です。
メリット: 実際の使用環境での製品評価できます。
デメリット: 製品提供や参加者の手配に費用がかかります。

4.ソーシャルメディア調査

概要: ソーシャルメディア上の言及や意見を分析し、消費者の嗜好やトレンドを把握できます。
用途: ブランドの評価、トレンド、競合といった幅広い分析が可能です。
メリット: リアルタイムでの大規模なデータ分析ができます。
デメリット: ソーシャルメディアユーザーに偏ったデータとなることがあります。

5.デスクトップ調査

概要: 既存のデータや文献、公開情報を収集・分析する方法です。
用途: 市場の基本情報やトレンド、競合情報を得るために使用します。
メリット: 追加的な調査コストがかからず、即座に情報を得られる。
デメリット: 情報の古さや偏りがある場合があります。

業界ごとの活用事例

市場調査は、様々な業界で活用されています。以下では、不動産業界とアパレル業界における具体的な市場調査の活用事例を紹介します。

不動産業界に関する活用事例

不動産業界では、市場調査は物件の価値評価、投資決定、開発計画の策定などに不可欠です。市場調査を通じて、以下のような重要な洞察が得られます。

顧客ニーズの把握住宅購入者やテナントの嗜好やニーズを理解し、物件開発やリノベーションの方向性を決定します。
市場動向の分析地域別の不動産市場の動向、価格推移、供給と需要のバランスを分析し、投資戦略を立てます。
競合状況の評価他の不動産会社や開発プロジェクトとの競合を評価し、差別化ポイントを見つけます。

アパレル業界に関する活用事例

アパレル業界では、市場調査はトレンドの把握、顧客の購買行動の理解、新製品開発に重要な役割を果たします。

ファッショントレンドの分析最新のトレンドを把握し、それに基づいてブランディングや製品の設計に反映させます。
ターゲット顧客の特定異なるセグメントの購買傾向や好みを分析し、マーケティング戦略や商品企画に反映させます。
競合ブランドの分析競合他社の製品、価格設定、販売戦略を分析し、自社のポジションを強化します。

市場調査で注意すべきポイント

市場調査を行う際には、いくつか重要なポイントが存在します。これらのポイントを押さえることで、調査の有効性を高め、より信頼性のある結果・考察を得ることができます。

1. 明確な目的の設定

市場調査の目的を具体的に明確に設定することが何よりも重要です。目的が不明確だと、調査の方向性がズレてしまい、最終的に有効な情報を得られない可能性があります。

2.適切なターゲットの選定

調査対象者(ターゲット)を正確に定義し、適切に選定することが重要です。誤ったターゲット選定では、調査結果の有効性が低下してしまいます。

3.質問設計の精度

調査の質問は、明確で理解しやすいものである必要があります。誘導的な質問や曖昧な表現は避け、偏りのない中立的な質問を心がけるべきです。

4.データ収集方法の選択

調査の目的に合ったデータ収集方法を選択することが重要です。オンライン調査/オフライン調査、定量分析/定性分析など、各手法の切り口や特性を理解し、適切な方法を選ぶ必要があります。

5.バイアスとの戦い

調査の設計、実施、解析の各段階でバイアスが発生しないよう注意することが重要です。主観的な見解や先入観が結果に影響を与えないようにする必要があります。どうしても自社に有効なデータを得たいというモチベーションは無くし、バイアスをかけない設計を意識しましょう。

6.時間と予算の制限

どの調査にも言えることですが、市場調査は時間とコストがかかるアプローチです。予算内、期間内で効率的に調査を完了するためには、計画性が何よりも大切です。

7. 法的および倫理的な配慮

市場調査を行う際には、個人情報保護法などの法律や倫理的な観点を考慮する必要があります。参加者のプライバシーを尊重し、適切な同意を得ることが重要です。

終わりに

市場調査の概要から事業に必要不可欠な理由、実際の進め方を解説させていただきました。代表的な手法や活用事例から、より一層、解像度が上がることにお役立ちできていましたら、とても嬉しく思います。
市場調査の成功の鍵は、調査の目的を明確にし、適切な手法を選択し、得られたデータを戦略的に分析・活用することにあります。
このコラムが、市場調査の理解を深め、貴社のビジネスの意思決定において有効な指針を提供する一助となれば幸いです。

アクシアマーケティングの市場調査

アクシアマーケティングでは、多岐にわたる業界での豊富な経験と専門知識を活かした市場調査サービスを提供しています。データ収集から分析、戦略提案に至るまで、貴社のニーズ・状況に寄り添った対応を心がけています。詳しいサービス内容はこちらを参考ください。

1時間の無料オンライン相談も承っております
お見積りなどもお気軽にお問い合わせください

今すぐ相談する
コラム一覧に戻る 次の記事を見る

同じカテゴリーの記事

資料請求
無料相談・見積依頼